学びの賢人
学びの賢人 > 名古屋駅構内図 > 名古屋駅の構内図について

名古屋駅の構内図について

名古屋駅は、JR東海、名古屋臨海高速鉄道、名古屋市営地下鉄の駅です。隣接する名古屋鉄道の名鉄名古屋駅、近畿日本鉄道の近鉄名古屋駅とあわせて、名古屋駅として認知されています。
名古屋駅は日本の鉄道交通網の重要なターミナル駅であり、新幹線の発着があるため中長距離移動に欠かせない駅と言えます。しかし、JR、地下鉄、私鉄が混在しており全体像が分かりづらいため、わかりやすい構内サインとあわせて、わかりやすい構内図が必要となっています。

 

JR東海の名古屋駅構内図

JR東海の名古屋駅には、東海道新幹線、東海道本線、中央本線、関西本線が乗り入れています。
JR東海の名古屋駅構内図は、JR東海のウェブサイト上と、JR西日本が運営するJRおでかけネットで公開されています。
http://railway.jr-central.co.jp/station-guide/shinkansen/nagoya/map.html
https://www.jr-odekake.net/eki/premises.php?id=0530116
どちらも立体図で表現されたWeb版の構内図です。特にJR東海のサイトで公開されている名古屋駅構内図をパソコンで見た場合、かなり文字が小さく何が書いてあるのか判別するのは厳しい印象です。同じ構内図がスマートフォン版でも公開されていますが、スマートフォン版の場合は拡大表示が可能なため、見たい箇所だけ拡大表示すれば文字の判別は可能です。
JRおでかけネット上に公開されているJR東海名古屋駅の構内図も、パソコン版とスマートフォン版があります。パソコン版の文字は小さいですが、JR東海のパソコン版構内図よりは読みやすいです。JRの名古屋駅だけをみると、比較的構造はシンプルなので、構内図の文字さえ読めれば、位置関係を理解するのは比較的スムーズでしょう。

 

 

名古屋臨海高速鉄道(あおなみ線)の名古屋駅構内図

あおなみ線の名古屋駅構内図は、あおなみ線のウェブサイト上で公開されています。
https://www.aonamiline.co.jp/pc/stinfo_nagoya.html
JR東海各線からの乗り換え経路をわかりやすく図示したものと、あおなみ線名古屋駅構内のみを立体図で示したものの2つがWeb版で提供されています。また、同じページに周辺地図として、名古屋駅周辺の主要な商業施設が記載された簡易地図を掲載しているため、名古屋駅周辺の全体像を把握するのには役立ちます
構内図自体は非常にシンプルでわかりやすいものなので、これを見て迷うことはないでしょう。

 

名古屋市営地下鉄(東山線・桜通線)名古屋駅構内図

名古屋市営地下鉄の名古屋駅には、東山線と桜通線の2路線が乗り入れています。構内図は、名古屋市交通局のサイトの1つのページに、別々の構内図として掲載されています。
https://www.kotsu.city.nagoya.jp/jp/pc/subway/station_campus.html?name=%E5%90%8D%E5%8F%A4%E5%B1%8B
東山線の構内図も、桜通線の構内図も、Web版の立体図で提供されています。
パソコン版の名古屋駅構内図は、東山線・桜通線どちらも、文字情報がそこそこあるにもかかわらず、文字が小さく読みづらい印象です。ただし、改札口と出口の表記は文字を大き目にしてあり、目的の改札口や出口がはっきりしている人にとってはわかりやすいでしょう。他の路線に乗り換えるためにこの構内図を利用する人にとっては、乗り換えに必要な文字が小さいため、読みづらいと思います。

 

 

名古屋鉄道・名鉄名古屋駅の構内図

名古屋鉄道の名鉄名古屋駅構内図は、名古屋鉄道のウェブサイト上で公開されています。
http://www.meitetsu.co.jp/train/station_info/line01/station/1201.html
Web版に加えPDF版でも提供されている上、立体図、平面図、バリアフリー図の3つが提供されているので、用途に応じて使い分ければ、よりわかりやすくなるでしょう。
Web版の構内図の文字は若干小さいですが、赤い点線の矢印でバリアフリールートが示されているなど、使いやすさに配慮されています。文字が小さく感じる人は、PDF版での利用をおすすめします。

 

 

近畿日本鉄道・近鉄名古屋駅構内図

近畿日本鉄道の近鉄名古屋駅構内図は、近畿日本鉄道のウェブサイト上で公開されています。
http://www.kintetsu.co.jp/soukatsu/kounai/nagoya.html
構内図は、Web版の立体図で表現されており、文字は比較的読みやすいです。また、同じページにのりかえ案内が掲載されており、近鉄名古屋駅のホームから、JR在来線、JR新幹線、寧鉄扇、あおなみ線、地下鉄各線への推奨改札口と所要時間が記載されているのは便利です。のりかえの場合はこののりかえ案内を見てから、構内図に目を通すとより理解しやすいでしょう。
また駅構内のGoogleストリートビューも同じページに掲載されており、視覚で駅構内を理解しやすいように配慮されています。

 

 

名古屋駅全体を把握するには

各鉄道会社、各路線の構内図は主に自社・自路線の構内図が中心となっているため、名古屋駅全体の位置関係を把握するには、若干不向きです。名古屋駅全体の位置関係を把握するには、「駅探」というサイトに掲載されている名古屋駅構内図がわかりやすいでしょう。
https://ekitan.com/station/TimeEkiinfoFacilitiy?SFCODE=4455
この構内図では、JR名古屋駅を中心に、地下鉄各線、あおなみ線、近鉄名古屋駅、名鉄名古屋駅を俯瞰した全体図となっており、まずこの構内図を見て全体をおおまかにつかんでから、各線の構内図を見ると、よりわかりやすいと思います。
また、タブを切り替えて出口の情報を表示すれば、目的地から目指すべき出口がわかるようになっています。